SMAP解散木村拓哉の裏切りの理由が黒すぎる!?薬の関与速報!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年の12月31日をもって解散したSMAP。

解散の原因は事務所内での人事関係トラブルに始まったグループ内の分裂と言われていますが、そのキーとなる人物が木村拓哉さん。

木村さんの裏切りによりSMAPメンバーの信頼関係に亀裂が入り、残りの4人との溝は最後まで埋まることはありませんでした。木村さんが4人を裏切った理由は一体何だったんでしょうか?薬物が関与しているという噂は…?

解散劇は、デビュー当時からSMAPを支えてきた元マネージャーである飯島氏と、副社長の娘であるジュリー恵子氏との対立が発端でした。

 

両氏の仲違いの原因は、紅白歌合戦の司会に関する意見の食い違いと言われています。それなりのキャリアのある女性同士ですから、一度意見が食い違うとお互いに折れることは難しいかもしれません。女性ってそういうところ根に持ちますしね。

この騒動を聞きつけた副社長のメリー喜多川氏が飯島氏に対して

「娘と揉めてるならSMAPを連れて出ていけ」と啖呵を切ったそうです。

 

そこで飯島マネージャーは独立を決意。弁護士を交えて話し合い、移籍先の事務所も決定して着々と準備を進めていました。木村拓哉さんも、はじめは独立に合意していたそうです。

ところが、突然木村さんが意見を翻し、事務所に残留すると宣言したそうです。

木村さん抜きではもちろん、SMAPとしての活動はできません。番組はもちろん、コンサートやCDも、木村さん以外の4人でSMAPを名乗るというのは無理がありますからね。

木村さんが事務所に残留する理由というのが

「これまで世話になった事務所を出えるのは筋が違う」ということだったのですが、それなら何故最初から独立に反対しなかったのでしょうか?

どうやら木村拓哉さんはジャニーズ事務所の中でも金銭面と契約面で破格の待遇を受けていたようなのです。

嵐ですら個人での年収は2000万円程度であるのに対し、木村さんの年収は億単位と言われています。

特別待遇をしてくれるジャニーズ事務所を抜けことを一番恐れたのは、SMAPのメンバーではなくこの人だった!?

そう、工藤静香さん。

木村拓哉さんと工藤静香さんの子供たちはインターナショナルスクールに通い、特に長女さんはフルートが堪能で音楽家を目指しているようです。

これから音楽家となると、今後もレッスン費用や海外留学費などで莫大なお金がかかることが予想されます。

事務所を移籍することでこれまで保証されていた収入が無くなることを心配した静香さんが木村拓哉さんに独立を辞めるよう進言したとしても、おかしくありません。

もともと工藤静香さんとの結婚に飯島マネージャーは反対しており、結婚を認めてもらうために工藤さんが取り入ったのがメリー喜多川社長とメリー恵子氏でした。

木村さんがメリーファミリーの元を離れ、自分を嫌っている飯島マネージャーと独立することを嫌がるのも当然ですね。

しかし、この解散劇で木村拓哉さんには「裏切者」のレッテルが貼られてしまいました。それを裏で糸引いていたのが工藤静香さんであり、その理由が「お金」とは…。

今後SMAPを離れて個人で活動していく中で、木村さんはこの汚名をどうやって返上していくのでしょうか?しかも、木村拓哉さんが薬物に関与しているという噂があるから穏やかではありません…

 

木村拓哉と工藤静香が薬物に関与⁉

木村拓哉さんと工藤静香さんが薬を使用しているという話は本当なのでしょうか?

噂の根拠は、木村拓哉さんと酒井法子さん夫妻がサーフィンを通じて親交があったことです。酒井法子夫妻と木村夫妻は家族ぐるみで親交がありました。

お付き合いの中で、薬物を入手していたとしてもおかしくないかもしれません。その噂を裏付けるのが、工藤静香さんの「劣化」とも言われています。

顔の皺がすごい…というか、怖すぎますね。薬物を使用すると興奮状態が続き、お腹が減らないので痩せたり、人相が変わったりするそうです。

工藤静香さんの顔面の劣化も、薬物が原因では?というのも、根拠の1つになっているようです。

2016年には高知昇さんや清原さんの薬物使用による逮捕もあり、芸能人に対する取り締まりも厳しくなっていると思うのですが、そこはやはり事務所の圧力で証拠隠滅されているというまことしやかな話まででているとか。

そうなると、ますます木村さんがジャニーズを離れることができないという裏付けにもなりますね。

あくまで想像の域を出ませんが、疑いは晴れません。

自らの裏切りによりSMAPという大きな土台を失った木村拓哉さんが、以前のような人気を取り戻すことができるのか?今後が気になります。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る