竹内結子に再婚相手の噂が発覚!?子供の顔はイケメンで青学初等科(画像あり)!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年1月から始まった木村拓哉さん主演のドラマ『A LIFE』でヒロイン役をつとめる竹内結子さん。

プライベートでは歌舞伎役者の中村獅童さんと結婚し一児を出産した後、2008年に離婚してしまいました。離婚してからも女優として活躍し、美しさにも磨きがかかっている竹内結子さんですが、再婚の噂はあるのでしょうか!?またお子さんは青学初等科に通っており、かなりのイケメンとのこと。気になるので調べてみました(画像あり)。

中村獅童さんと竹内結子さんは映画『いま、会いにゆきます』の共演をきっかけに結婚。しかもできちゃった結婚でした。

映画『いま、会いにゆきます』でも濃厚なベッドシーンを演じた二人の「できちゃった結婚」だっただけに、生々しさを感じるという反応も多かったようです。

ところが、ほどなくして別居や不倫の噂が流れていた二人。そして離婚のきっかけは思わぬところにありました。

2006年9月、中村獅童さんが酒気帯び運転が発覚したのですが、その時助手席にいたのが元彼女である岡本綾さんだったのです。

奥さんが慣れない育児に奮闘している最中に、旦那が元カノと不倫・酒気帯び運転とあっては言い逃れのしようがありませんね。ちなみにこの件をきっかけに岡本綾さんはメディアから姿を消してしまいました。朝ドラの主役をつとめたほどの実力派女優さんだっただけに、とんだスキャンダルに巻き込まれた形になってしったようです。

また、中村獅童さんの母と竹内結子さんとの確執も離婚の一因であったと言われています。中村獅童さんといえば今でこそ歌舞伎役者として有名ですが、市川海老蔵さんのように代々歌舞伎役者としてその地位を引き継いだわけではないのです。

中村獅童さんのお父さんは歌舞伎役者の家に生まれながら、自分には「向いていない」と10代の頃に歌舞伎役者を廃業し、銀行員になりました。獅童さんは幼いころに歌舞伎役者を志したものの、父親が歌舞伎役者ではないので後ろ盾が無く、歌舞伎の世界で今のような地位を気づくのに並々ならぬ努力をしたそうです。それを支えたのが母である洋子さんでした。

ですから、獅童さんも母洋子さんも、せっかく歌舞伎役者の子である息子さん(「太郎君」というそうです)を歌舞伎役者の子として育てたがったのですが、それを竹内結子さんが拒んだことも、離婚の原因になったと噂されています。

ですが、洋子さんが亡くなったとき、離婚後であったにも関わらず葬儀には涙ぐむ竹内さんの姿があったそうです。家を出た後にも関わらず葬儀に出席するからには、外からは見えない絆のようなものもあったのかもしれませんね。

竹内結子の子供の顔がイケメンで青学初等科!?

離婚の際に慰謝料は無かったようですが、獅童さんは息子太郎君に対して多額の養育費を支払っているそうです。その額は月々50~60万円とか。

それもそのはず、太郎君が通うのは多くの芸の人の子息が通う名門、校青山学院の初等科だそうです。青山学院初等科は学費だけで年間100万円以上。寄付金やその他の諸経費を合わせると・・・・恐ろしい額になりそうですね。

 

こちらがその太郎君だと言われている画像です。竹内結子さんに似たきれいな顔立ちですね。現在は9歳になるようですが、かなりのイケメンになっていることが想像できます。

お母さんにとったら息子は恋人のような存在。イケメンの息子さんがいるおかげで、今は再婚という気持ちにはならないのでしょうか?

ただ、1980年生まれの竹内結子さんもそろそろアラフォー。恋人や再婚の話がそろそろ出てきてもよいのでは?と期待してしまいます。

 

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る