大島優子の性格が悪すぎる!?行列でのドン引き発言で嫌いになる人続出!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

元AKB48の大島優子さん。最近ではドラマに出演するなど、AKBを卒業後は女優として活動しています。

AKB時代にはセンターもつとめたほど人気のあった大島さんですが、最近バラエティ番組での発言がもとで「大島優子が嫌い」と明言する人が激増しているという。

AKB時代には総選挙でのコメントでも「性格が悪すぎる」と叩かれてしまった大島さん。本当に性格がわるいのか?それとも誤解されやすいだけなのか?気になるエピソードとともにお伝えします。

芸能界デビューは7歳。実はクォーターで複雑な家庭環境!?

大島優子さんは栃木県出身の1988年生まれ。AKB48の人気とともに一躍有名になりましたが、実は7歳から子役として芸能活動を開始しており、芸歴は20年以上。

 

ドラマ『アンティーク 西洋骨董洋菓子店』 出演時、当時13歳でした。小さいころから大人に囲まれてお仕事をしていたぶん、自分対しても周囲に対しても厳しい態度をとるというのはプロ意識の表れなのでしょう。お芝居に対しても一過言あるようですし、その辺のこだわりが「性格悪い」と言われる一因になっているかもしれません。

ただ、当初から大島優子さんは女優志望であることを明言していました。もともと子役として活躍していた経歴もあるせいか、お芝居へのこだわりも強く「アイドルでありながら女優気取り」というところも「大島優子嫌い」と言われる原因の一つになっているようです。

ちなみに、実は大島優子さんってアメリカ系のクォーターです。お祖父さんがアメリカ人で、お母さんはハーフとのこと。顔立ちはあまりクォーターっぽくないんですが、はっきりモノを言う性格は、血筋もあるのかもしれません。

そのお母さんは大島優子さんが中学に入る直前、家族で営んでいた割烹料理店の常連さんと蒸発してそのまま両親は離婚してしまったそうです。普通ならぐれてもおかしくないような状況だと思うんですが、お父さんの支えもあって芸能活動を続けることができたそうです。

多感な時期に母親の浮気と離婚を乗り越えての今があると思うと・・・そりゃあメンタルも鍛えられてますね。しかも、そのお母さんとは高校生の時に再開して今は関係も修復されている様子。ブログにはお母さんが遊びに来られた時の様子がつづられていました。

 

少々の批判を受けてもおれない心は複雑な家庭環境によって築くことができたのかもしれません。

 

総選挙でブーイング。木村拓哉が大島優子にマジ切れ!?

第5回の選抜総選挙で、指原莉乃さんさんに敗れて2位に終わった大島さん。前田敦子さんが辞退した前年は大島優子さんが第1位を獲得し、本人も当然2年連続で1地位のつもりでいたのでしょう。

2位で名前が呼ばれた時、大島さんは笑っていました。この態度にアンチの怒りをかったようです。

さらにスピーチでは「涙1つも出ないこの感覚なんでしょうかね(笑)おなか抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです。こんなに笑える総選挙は初めて。壁をすり抜けられた感じ。」と発言。

この火に油を注ぐような発言にはネットも反応。

「大島優子が偉そうでムカつく。」

「負け惜しみでしかない」

「なんか聞いててイラっとしました」

と、一般の視聴者も敵に回したようでした。

 

またAKB48の番組でSMAPと共演した際、「SMAPさんが最後に5人揃って出かけたりしたのはいつですか?」という質問に対して「プライベートはない」とSMAPが答えると、大島さんは「4人でもいいですよ!」 と手を払うような動作付きで発言しました。
これに対し木村拓也さんが「大島さんのいきなり上から目線は何なの?」と少しイラっとした様子で突っ込んだそうです。

32秒頃ですね。でも実際見てみると、本気で怒っているようには見えない気もするんですが。

ただ、こうして調べてみると、大島優子さんの発言は「上から目線」とか「人を馬鹿にしている態度」と思われてしまうことが多いようです。本人にはそのつもりが無いのかもしれませんが、天然でやってしまっているとしたら逆にかなりイタイですね。

 

許せない俳優を暴露。宮迫博之へのドン引き行為で炎上!?

2017年1月15日に放送された「行列のできる法律相談所」で、宮迫博之さんが大島優子さんにされた仰天のエピソードを紹介しています。

以前、宮迫さんが買ったばかりのお気に入りの時計をしてとあるパーティーに参加していたところ、大島優子さんと遭遇したそうです。

大島さんに「時計を見せてください」と言われて見せたところ、いきなりその高級時計に噛みつき時計には傷がついてしまったそうです。大島さんは「高い時計を何個も持っているってことに腹が立った」と反省の色も無く話したそうで、本人は「ネタ」や「冗談」のつもりだったかもしれませんが明らかにシャレにならない行為ですよね。

また大島さんは同じ日の放送で、以前映画で共演した大倉孝二に対し、「演技が始まったときに唾が顔にかかって不快だった」と話しています。

これに対してもネット民からは「そんなこと考えて仕事してるの?」「性格悪すぎる」と非難の声が上がり、炎上騒ぎになっているそうです。

大島優子さんはこだわりが強く、思ったことを素直に行動してしまうようですね。その個性を今後どう生かしていくのか?また女優として大成できるのか?これからも注目したいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る