西内まりやが嫌われまくっている意外な理由!?優香や松下奈緒、北川景子にも似ている画像を比較!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モデル出身で現在は女優やシンガーとしても活躍している西内まりやさん。顔も可愛いしスタイルも良いのに、なぜか各方面から「嫌い」という声が噴出しているそうです。

モデル時代はカリスマ的な人気を誇り、10代の女子から圧倒的な支持を受けていた彼女ですが、一体何があったのでしょう?西内まりやさんが嫌われまくっている理由について調べてみました。

歌い方と歌っているときのどや顔が嫌い!?

西内まりやさんは1993年生まれ、福岡県出身です。12歳の時地元福岡でスカウトされ、

10代向けファッション雑誌『二コラ』の専属モデルとして芸能活動開始。当時、10代の女子からは圧倒的な人気を得ていました。

19歳でドラマデビューし、もともと歌手志望であったころから20歳のときに『LOVE EVOLUTION』で念願の歌手デビュー。

同年の日本レコード大賞ではなんと新人賞を受賞しました。

これだけ見ると歌手としての実力もあるのでは?と思ってしまうのですが、どうやら歌が上手い下手の問題ではなく、「歌い方が気に入らない」という人が一定数いるようなのです。

実際、西内まりやさんは12歳の頃からボイストレーニングを受けていて、声量や音程に関しては「下手」ということはなく、むしろ「上手」な方だと思います。

そして西内まりやさんの歌は「歌い上げる系」の歌なんですね。

「モデルだけど歌も歌ってます」っていうよりは、「私、シンガーです」っていう意気込みみたいなのはビシビシ伝わってきます。

でも、そこが嫌われるんでしょうね~。

「西内まりやのいかにも上手く歌おうとする感じの歌い方が嫌」

「歌ってる時の顔がどや顔で嫌」

西内まりやさんも、「どうよ私、歌が上手いでしょう?」と思いながら歌ってるわけではないのでしょうが、感情込めて歌ってる姿がそんなふうに受け取られてしまうんでしょうね。

「モデルだけやってればいいのに」

なんていう声も聴かれます。確かに二コラの専属モデルだったころが人気絶頂で、歌手活動や女優活動を始めてからアンチが増え始めたようです。

確かに出演したドラマ(『山田くんと7人の魔女』『Smoking Gun~決定的証拠~』)も映画(『レインツリーの国』)もパットせず、主演を果たしたフジテレビ系の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の視聴率も伸び悩んでいます。

福山雅治さんや星野源さんのようなマルチタレントとして活躍するには、それぞれのポジションで結果を残さなければ、逆に叩かれてしまうようですね。

それを考えると西内まりやさんのキャリアはまだまだなのかもしれません。まだ若いですし、これからが頑張りどきかもしれません。

 

優香にそっくり?画像で比較!!

西内まりやさんの顔が、優香さんと北川景子さんにそっくりという噂があります。

西内まりやさんを知らない世代の人は、彼女をみて優香さんだと勘違いしている人も多いとか。画像で比べてみました。

 

確かによく似ていますね~。

優香さんの方が13歳も年上なので、ちょっと目の下の弛みがめだってしまいますが、目と鼻と口、どのパーツも似ているように見えます。目の形は二人とも典型的なアーモンド形ですしね。

特に、顔の輪郭に対するパーツの配置が似ているようです。目と目の間隔は狭く、鼻が長くて、鼻と口の位置は近いです。パーツだけでなく配置も似ているための重要な要素です。

実はメイクも似ていて、アイラインをしっかり入れて眉は薄く柔らかいアーチを描いており、リップの色は薄めです。この顔立ちにはこういうメイクが似合うのか、メイクさんも同じように仕上げてしまうのかもしれませんね。

 

西内まりやは北川景子にもそっくり!?画像で比較!!

北川景子さんにも似ているという噂があるので比較してみました。

優香さんと比べると「そこまで似てないかな?」とも思ってしまうのですが、こちらのふたつの画像だと「似てる感」が伝わるでしょうか?

 

やはり共通点としては鼻が長いことと、鼻と口の位置が近いことでしょうか?あと、やはりメイクが似ていますね。

そういえば北川景子さんもモデル出身の女優さんですね。こちらは歌は出しておらず、モデルを卒業した後は女優一本で活動されてます。

西内まりやさんは顔もスタイルもよくて、さらに歌手活動と女優活動、若くしてこれだけ手を広げてしまうと、どれも中途半端になるのも仕方ないのでしょうか?

とはいえ、厳しい芸能界でどの分野でもある程度の結果を残せるというのは、才能もさることながら本人の人柄や努力なしではありえないことなのではないでしょうか?

批判に負けず、これからも自分の進みたい道を歩んでほしいと願っています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る