杉浦投手と結婚した紺野あさ美に斎藤佑樹と二股疑惑!?顔が不自然すぎる理由は精神疾患!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤクルトスワローズ・杉浦稔大投手との入籍を発表したテレビ東京の紺野あさ美アナ。紺野あさ美さんといえば、元モーニング娘というアイドルを卒業し女子アナになった異色の経歴の持ち主。

女子アナとプロ野球選手の結婚に関してはもはや珍しいことではありませんが、紺野アナには以前から二股疑惑があったというのです。

二股疑惑のお相手は?アナウンサーとしての評判や、顔が不自然すぎるという疑惑についても調べてみました。

二股どころじゃない!?紺野あさ美の恋愛遍歴。

紺野あさ美さんにプロ野球選手との熱愛報道があったのは2013年、広島カープの野村祐輔投手がお相手でした。

野村投手とは知人の紹介で知り合い、交際が始まったそうです。広島と東京という遠距離恋愛でしたが、当時は電話やメールのやり取りで愛を育み、結婚秒読みとまで言われた真剣交際だったようです。

ところが、そこに紺野あさ美アナの二股疑惑が浮上しました。日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手です。

ただ、実は斎藤選手の方が紺野あさ美アナのファンだったようで、以前から会いたいと周囲に話していたようなんです。

紺野あさ美あなが日本ハムの取材に行った時も斎藤投手が面会を熱望しているとのことでテレ東サイドが取材をセッティングし、会うことができたそうです。

その時も親しそうに話をしていたようで、そこから交際まで発展したということです。

これが二股疑惑の真相か…と思いきや、そこにもう一人、DeNAの三嶋一輝選手が浮上してくるんです。

実は、三嶋選手と紺野アナが交際していたのは、彼女が慶応大学在籍中のこと。一度三島選手とは破局したのですが、2014年に紺野アナが体調不良を理由に自宅療養している期間、三島党首との復活愛を育んでいたというのです。

遠距離恋愛だった野村投手との寂しさを埋めるために、同調者二股交際に手を出してしまったと言われていますが、紺野アナの華奢な見た目からはとても想像できませんね。

ところで、仕事であるはずの取材現場で恋人を作ってしまう紺野アナ。仕事の評判はどうだったのでしょうか?

 

先輩やスタッフからも総スカン。心労で激やせ!?

紺野アナは2014年、体調不老を理由に突然担当していたスポーツ番組『neo sports』を降板しています。

異常な激やせぶりが話題になったこともあり、その原因は現場での「いじめ」による心労だと言われています。紺野アナをよく知るテレ東サイドの製作スタッフの話では

紺野アナをよく知るテレ東の制作スタッフが苦い表情で言う。

「一緒に仕事をする記者やスタッフ、先輩女子アナの間で総スカン。

何しろ横柄な態度が評判を下げ、モー娘時代のようなタレント気取りが抜けない。

スポーツ番組の担当者は、取材する選手などについて事前に下調べをするものですが、彼女はADや記者など他のスタッフに任せっきり。

『それはアナウンサーの仕事じゃない。記者がやればいいでしょ』と言ったとも聞きました。だからか、一部の先輩女子アナからは『あの子は取材に熱心じゃないし、ミーハー感覚でやってるのよ』と陰口を叩かれていました」

紺野アナは2001年にモー娘。のメンバーとなったが、2006に学業を優先するため卒業。高校進学はしていなかったもののAO入試で慶応大学に合格しました。慶応大学入学後に一度は復帰したものの、2011年にテレ東に入社し、アナウンサーに転身。

アイドル出身ということで局内でも対応は優遇されており、「入社してすぐに番組も担当させてもらっていたし、普通なら徹夜の多い勤務時間も、かなり緩くしてもらっていて、ほかのアナウンサーだったらやっている雑用だって最小限」との反論があったとか。

そこへきてプロ野球選手との熱愛報道に

『プロ野球選手と交際するような女子アナはプロ意識に欠ける』

『選手にすり寄り、女を武器にしてアピールしている』

と、猛烈な批判も受けていたようです。

杉浦投手との結婚を機にテレ東退社も発表した紺野アナ。アナウンサーとしても潮時と感じていたのかもしれません。

 

顔が不自然すぎる!?コンプレックスと精神疾患!?

インスタグラムで杉浦投手とのツーショット写真を公開した紺野あさ美さんですが、その写真が不自然すぎると話題になっています。

紺野さんの顔が異常に小さく映っており、画像にも歪みが出て明らかに修正したことがわかります。

どうやら紺野さん、以前から顔が大きいことをコンプレックスに感じており、そのこだわりは異常な程。モー娘。時代も掲載写真にダメ出しをするなど、顔の大きさをかなり気にしていたようです。

確かに、小顔のミキティと比べてしまうと遠近感狂いそうになるほどではありますが…

顔の幅が広いんでしょうね。周囲はそれほどでもないのですが、こういうのは本人が気にし始めるとどんどんエスカレートするようで、結婚相手とのツーショット写真まで加工してしまうのだから紺野さんの病的なこだわりはまだ治っていないのでしょう。

ちなみに、デビュー当時からサイドの髪を下していますが、この髪形をする女性というのは自分の顔の大きさにコンプレックスを抱いている証拠のようです。少しでも顔を小さく見せたいという意識の表れなんでしょうね。

 

結婚して妻となった紺野あさ美さん。これからアスリートの夫を支えていく立場ですので、小さいことは気にせず、おおらかに過ごしていただきたいものです。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る