インフルエンザに効果のあるアロマって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インフルエンザ、まだまだ猛威を振るっていますね。

今年は特に爆発的な感染がおこっており、各地で学級閉鎖も相次いでいるようです。

インフルエンザでは、頭痛や倦怠感などの全身性の症状がいきなりあらわれ、高熱、のどの痛み、悪寒、せき、頭痛、筋肉痛、鼻詰まり、激しいせきを伴い、40度近い高熱が出ることもまれではありません。

特に子供や高齢者など抵抗力の弱い人が感染すると肺炎や気管支炎を併発する恐れもあり、注意が必要です。

そんなインフルエンザに効果のあるアロマオイルについて調べてみました。

 

インフルエンザ感染防止に効果のあるアロマ

◆ティートリー
学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:オーストラリア 他

ティートゥリーは非常に強い殺菌作用が証明されています。細菌だけでなく、ウィルスや寄生虫にも効果のあるアロマです。
また体の抵抗力を高め感染を防止する効果があることから、予防としても有効なアロマです。

マスクに垂らしたり、ディフューザーで焚いたり、マグカップに熱湯を入れ2滴ほど垂らしたり、ティッシュに1滴たらしてくしゅくしゅして吸引したり、お手軽に使えます。

◆ユーカリラディアータ
学名:Eucalyptus radiata
科名:フトモモ科
抽出部位:葉
主な産地 オーストラリア、中国 他

オーストラリアのアボリジニーの人達は、このユーカリを熱病、リウマチ、ヘビの咬傷、赤痢、神経痛、さらに筋肉の痛み等に昔から広く利用してきました。

抗菌作用が強く、妊婦さんや赤ちゃんには禁忌となる場合もあります。

 

アロマを使った効果的な予防方法

◆アロマスプレー

【材料】

無水エタノール  10ml
精製水      90ml
精油(好きなもの)を2~3滴

【作り方】
(1)容器に無水エタノールを入れ、精油をたらしてよく混ぜる。
(2)精製水を加えてよく振って混ぜればできあがり。

ルームスプレーとして使っても良いし、フレグランスのように体にスプレーしても効果的。

 

◆アロマディフューザー

お部屋の中でお好きなアロマを焚く

アロマディフューザーが無い場合は、マグカップにお湯を入れてそこにアロマオイルを2,3滴たらすだけでも効果があります。

 

◆マスクに1滴

抗菌作用だけでなく、リラックス作用もあります。

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る